Event is FINISHED

昆虫ジビエを楽しむ会

Description
この度「昆虫ジビエ会」を開催することとなりました。昆虫食に親しみ、昆虫食について考えていきましょう。

第一部では野生の昆虫(主にバッタ)を観察・採集し、第二部では昆虫を調理・試食します。第三部では昆虫食の最前線で活動を続けるスペシャリストたちによる講演を行います。

途中参加、途中退出可能です。ふるってご参加ください。

【日時】 2019年10月12日(土)
【場所】 東京都府中市周辺
【内容】 第一部:11時半~ JR南武線矢野口駅集合
     ※時間帯を11時半に変更しました。
     第二部:13時~ JR南武線府中本町駅そば
             古民家にて昆虫を調理・試食
     第三部:15時~ 昆虫食専門家らによる講演会
     講演者:
     井上貴晴
     「昆虫食をめぐる世界動向(予定)」
     石川伸一 
     「未来の食としての昆虫」

【参加費】(保険料、材料費、場所代含む)
     一般:  4000円
     中高生: 1500円
     小学生:  500円
     幼児:   0円

※参加費から余剰が出た際は、今後の会の活動に役立てさせていただきます。
※軽食がでます。
※ご希望の方には研究会情報誌第一号「食昆研ニュースレター」をお渡しします。美しい昆虫写真の付いた「食用昆虫カード」付。
※18歳未満は保護者の許可が必要です。
※駐車場、駐輪場の用意はありません。必要な方は各自コインパーキングなどをご利用ください。
※途中参加・途中退場の割引はありません。
※雨天時は第二部から開催します。
※ご質問等は下記HPのお問い合わせからお願いいたします。
 https://shockonken.org/contact/others/


【登壇者】
井上T:某食品関連会社の研究開発者。豊かな風味を持つ昆虫にポテンシャルを感じ、新しい食べ方や調理法を開拓中。将来、世界中の食卓やスーパーに昆虫が自然に並ぶことを夢見ている。

石川伸一:東北大学大学院農学研究科修了。博士(農学)。 宮城大学教授。専門は分子調理学。著書に『「食べること」の進化史 培養肉・昆虫食3Dフードプリンタ(光文社)』『料理と科学のおいしい出会い 分子調理が食の常識を変える(化学同人)』など。関心は、食の「アート×サイエンス×デザイン×テクノロジー」。


吉田誠(ファシリテーター)
東京大学農学部卒業後、商社勤務。大学時代の研究テーマは飼料変化によるコオロギの発育について。世界各国の様々な食文化に触れてきた。


水野壮(ファシリテーター)
筑波大学大学院博士課程修了。農学博士。日本科学未来館の科学コミュニケーターとして展示の製作や科学の普及活動に携わり、2013年より大学で教鞭をとりながら、大学生や高校生向けに昆虫イベントを多数立ち上げている。著作は「昆虫を食べる!」(洋泉社)など。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#476341 2019-09-25 13:38:10
More updates
Sat Oct 12, 2019
11:00 AM - 7:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京都府中市周辺
Tickets
一般 SOLD OUT ¥4,000
中高生 SOLD OUT ¥1,500
小学生 SOLD OUT ¥500
幼児 FULL
Venue Address
東京都府中市矢崎町1-5-1 Japan
Organizer
NPO法人食用昆虫科学研究会(Jeis-Lab)
8 Followers